不妊治療に関わる検査の用語について解説します。

妊娠のために排卵日を知ろう

不妊治療検査名一覧

スポンサードリンク

フーナーテスト

性生活の後に、膣内に射精された精子が子宮腔内へ達し元気かどうか、受精に必要とする精子があるのか、子宮の入り口の頚官粘液に精子がどの程度あるかどうかを調べます。

▲不妊治療検査名一覧へ

腹腔鏡検査

腹部に3箇所小さい穴を切開し、腹腔鏡(内視鏡)や鉗子を入れることができるようにして、腹部内を直接観察します。つまり、手術となります。ですので、入院することとなります。検査ですが、病変がある場合、治療が可能となるときもあります。

レントゲン、卵管造影検査、ホルモン検査などで分からなかった子宮・卵管の癒着、閉塞の有無、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮筋腫などを、はっきりと調べることができます。

膣から子宮内に色素を注入し、その色素が卵管の先から出てくることを確かめることで、卵管の通り具合を調べます。

腹腔鏡検査を勧められる方は、一般的な検査で異常がなしなのに、妊娠しない方、子宮内膜症の疑いがある方、長期間に渡って不妊症の方、強度の生理痛のある方などが勧められるようです。

▲不妊治療検査名一覧へ

子宮卵管造影法

造影剤を子宮頸管の入口から入れ、レントゲンを撮り、卵管が通っているか、子宮の形、子宮腔・卵管の形状、卵管采周囲の癒着の具合などを検査する。月経の直後から排卵までの期間に実施します。この検査は、卵管通過に軽い障害がある方に不妊治療としての効果も期待できます。

▲不妊治療検査名一覧へ

基礎体温表

毎朝、起きるとすぐに、婦人体温計などで、体温を計り、それを記録していき、排卵日の予測やホルモンの働きが正常かどうか、排卵の有無、不正出血の原因などを調べます。

▲不妊治療検査名一覧へ

ホルモン検査

採血し、女性ホルモンの異常の有無を検査します。

▲不妊治療検査名一覧へ

頸管粘液検査

頸管粘液が良い状態のとき精子は子宮内への進入が可能となります。子宮頚管液の状態により不妊となる可能性もあり、頸管粘液の状態を調べます。排卵日を予測します。頸管粘液・尿中のLHを調べることで予測します。

▲不妊治療検査名一覧へ

超音波断層法検査

膣内に超音波断層装置を入れ検査します。子宮筋腫、子宮腺筋腫があるかないか調べます。卵胞の数、大きさから排卵日の予測などを調べます。

▲不妊治療検査名一覧へ

子宮鏡検査

子宮の入り口(子宮頸管)から子宮鏡(内視鏡)を入れて、子宮内の状態を直接、観察し、調べます。癒着・筋腫の有無などを検査します。子宮内に癒着や筋腫などがあると妊娠が成立しないからです。

▲不妊治療検査名一覧へ

クラミジア抗体抗原検査

クラミジア感染は、妊娠しにくくなる原因となります。クラミジアに感染していないかどうか検査します。

▲不妊治療検査名一覧へ

抗精子抗体検査

精子への抗体があるかどうか調べます。

▲不妊治療検査名一覧へ

精液検査

4日ほど禁欲期間をおき、病院または自宅にて精液を採取し、顕微鏡で、精子の運動や数、精子濃度などを検査します。不妊症には、男性不妊の割合が3割ほどあり、男性側の検査も重要です。

▲不妊治療検査名一覧へ

他の不妊用語集一覧

▲ページの上へ

Copyright © 2006 妊娠のために排卵日を知ろう. All rights reserved