基礎体温のパターンについて

サイトマップ

妊娠のために排卵日を知ろう

あれ?こんな基礎体温表でいいの?

基礎体温表を記録し続けていても、一定のパターンが見られない、はっきりとしないということがあります。つけ始めのときは、基礎体温表に「おかしいな?」ということがあっても、計り方がうまくいっていないなどのことも考えられます。

「あれ?こんな基礎体温表でいいの?」一覧

スポンサードリンク

一般的な基礎体温表は?

標準的な基礎体温表のパターングラフ 一般的な基礎体温表の簡略図。排卵日の数日前から、排卵日の翌日までが、もっとも妊娠しやすい時期とされている。

女性の生理の一般的な1周期は、25〜30日です。基礎体温の低温期は2週間ほど、高温期も2週間ほどとなります。

排卵日は、体温が一段と下がり、そこから上がり始めるところといわれています。妊娠の可能性が高くなる時期は、排卵日の2〜3日前から排卵日の翌日までの期間であるといわれています。

▲このページの上へ

体温が上がる気配がない(高温期がない)

高温期がないパターンの基礎体温表のグラフ 高温期にならない状態。排卵がない可能性があります。

生理はあっても、排卵がないという可能性があります。無排卵性月経といわれるものです。このような状態は、卵巣機能不全の一つとされ、不妊症の原因となる疑いがあります。

普通は、排卵後、黄体ホルモンが多く分泌され、その働きによって、体温があがり、高温期となります。健康な成人女性でも無排卵という状態はあるので、計り始めの最初の時期、高温期にならなくても、さらに2ヶ月ほど計って、高温期があれば大丈夫とされています。

長期間(2〜3ヶ月)基礎体温を計っても、高温期がみられない場合は、お医者様に相談することをおすすめします。

▲このページの上へ

低温期と高温期の区別がつかない

排卵がなかったか、ホルモンバランスがよくないことが考えられます。

▲このページの上へ

月経の周期が通常より長期間になっている

生理の期間が長いのは、排卵がないせいとはなりません。基礎体温表をつけていき、高温期と低温期があり、排卵日の目安がわかるようなら、大丈夫でしょう。

▲このページの上へ

低温期が短期間、あるいは、高温期が短期間しかない

高温期が短いパターンの基礎体温表のグラフ 高温期が短い場合。黄体機能不全の疑いあり。不妊症・生理不順の原因となる可能性あり。

低温期が短いパターンの基礎体温表グラフ 低温期が短い場合。「低温期」「高温期」の2期があるのなら大丈夫といわれている。

低温期・高温期とも2週間ほど続くのが一般的です。低温期が短期間であっても、高温期と低温期があるのなら大丈夫といわれています。

高温期が短期間の場合や、高温期の途中で体温が下がるときがある場合は、注意が必要となるかもしれません。無排卵、もしくは、排卵があっても、黄体機能不全の可能性がないとはいえないからです。黄体機能不全とは、黄体ホルモンの分泌がうまくいっていないということです。生理不順や不妊症の原因となっている可能性があります。

▲このページの上へ

高温期が3週間以上続いている

妊娠の可能性があるパターンの基礎体温表 高温期が続いている。妊娠の可能性あり。

高温層が2週間たっても続き、さらに3週間を超え、生理が起こらない状態が続くようなら、妊娠している可能性があります。

▲このページの上へ

スポンサードリンク

Copyright © 2006 妊娠のために排卵日を知ろう. All rights reserved