基礎体温の解説です

サイトマップ

妊娠のために排卵日を知ろう

基礎体温をつけよう

基礎体温を一定の期間計り、自分の基礎体温のリズムを知ることは、妊娠時の基礎体温はどれくらいになるのかのタイミングをつかむための基本的な方法のひとつです。この基礎体温のリズムを知ることで、妊娠時の基礎体温はどれくらいになるのかをある程度まで予測できるようになるでしょう。

「基礎体温をつけよう」一覧

スポンサードリンク

基礎体温とは?

基礎体温とは、黄体ホルモンの分泌のあるなしで、体温が低かったり、高かったりする体温のことです。黄体ホルモンとは、排卵日の後、子宮に分泌されるホルモンのことです。この黄体ホルモンが分泌されているときは、高温期となります。

▲このページの上へ

基礎体温からの排卵日の知り方

標準的基礎体温表簡略図 低温期と高温期の境界のあたりが排卵日。この排卵日の時期の3日前から翌日にかけてが妊娠時の基礎体温になる可能性がある。

おおよその目安となる指標なのですが、低温期と高温期の境目の、低温期の終わりで、体温が下がり方が特に激しくなった後、高温期の始めの体温が上がり始めるあたりが、排卵日といわれ、この時期の体温が、妊娠時の基礎体温となると考えられます。

このあたりの基礎体温の期間が妊娠可能なタイミングといえる可能性が高いということです。

▲このページの上へ

基礎体温はいつどのように計ればいいのか?

基礎体温を計ろうとしている女性

基礎体温は、朝の起床時、体を動かし始める前がいいとされています。

基礎体温は普通の体温計で計るのではなく、婦人体温計というものを使用します。

婦人体温計は、ふつうの体温計より、細かい数値まで計ることができます。基礎体温の微妙な変化を捉えやすくなるわけです。

▲このページの上へ

基礎体温はどのようにして記録していけばいいのか?

基礎体温表を記録している様子

基礎体温表は、おおよそ2〜3ヶ月分あればよいとされています。

自分の体のリズムを知るためと、お医者様に相談する際、やはり3ヶ月ほどの基礎体温表のデータがあるほうがよいとされているからです。

基礎体温表には、まず日付など基本的なことを記入し、生理の初日を「1」とし、順番に数字を入れていきます。体の調子や、この日は何時に起床したなどの参考データがあると、さらによいでしょう。

▲このページの上へ

基礎体温表は、どのように見ていけばいいのか?

基礎体温には、低温期と高温期があり、低温期と高温期の境目で一段と体温が下がり、そして、上がり始めるところが排卵日であるとされ、このときの体温が妊娠時の基礎体温になると考えられます。つまり、基礎体温表の見方としては、この「一段と下がって、上がり始めるところ」が排卵日の可能性が高く、妊娠時の基礎体温となる可能性が高いと覚えておくことが大切でしょう。この時期が、もっとも妊娠に適した基礎体温の時期とされているからです。

▲このページの上へ

基礎体温がおかしいな?というとき考えられること

体温は、ちょっとした些細なことで、影響を受けています。冷暖房による変化や、生活の不摂生(寝不足など)、ストレスなどにも体温は影響されます。ですので、あまり神経質になりすぎる必要はないでしょう。

生活が不規則な女性

ですが、あきらかに標準的な基礎体温と違うという場合もあるでしょう。

低温期や高温期の違いがはっきりしない。低温期か高温期の期間が短いなどのことです。これでは、妊娠時の基礎体温がどれくらいなのかわかりませんよね。

原因としては、不規則な生活・ホルモンバランスの異常、機能不全などが考えられます。

詳細を「あれ?基礎体温表これでいいの?」のコーナーにまとめています。参考にしてください。

▲このページの上へ

基礎体温表の入手方法

基礎体温表は、薬局などで手に入れることができます。また、ホームページ上で、基礎体温表を無料でダウンロードできるところもあるので、そういうところを利用してもよいでしょう。

▲このページの上へ

スポンサードリンク

Copyright © 2006 妊娠のために排卵日を知ろう. All rights reserved